債務整理を弁護士・司法書士に依頼するデメリットについて詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

債務整理の弁護士・司法書士の選び方
[弁護士・司法書士に頼むデメリット]


債務整理を弁護士や司法書士に頼むデメリットは、やはり費用にあると言えます。
債務整理の際に弁護士に支払う費用として、以下のものがありますが、どれも安いとは言えません。

○着手金
着手金は、弁護士に債務整理を依頼した際に払う費用です。
基本的には前払いですが、弁護士事務所によっては、分割や後払いで 払えるところもあります。

あくまで、弁護士が債務整理を着手したときに払う費用のため、成功・不成功に関わらず払う必要があります。

○報酬金
報酬金とは、成功報酬のことで、債務整理で債務額を減らせた場合や過払い金返還請求で 過払い金を取り戻せた場合に発生します。

○実費
文字通り、債務整理の処理に実際にかかった費用です。
自己破産や個人再生等は裁判所に申し立てを行なう必要がありますが、その際、裁判所に納めるお金や 債権者に弁護士が通知を行なう際にかかる費用などがあります。

オススメ弁護士・司法書士へ無料相談

債務整理の弁護士・司法書士の選び方に戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社