債務整理を弁護士・司法書士に依頼する際の手続きについて詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

債務整理の弁護士・司法書士の選び方
[弁護士・司法書士で手続きの違い]


弁護士と司法書士によって手続きに変わりはありません。
どちらかといえば、担当する弁護士・司法書士毎に手続きの方法は存在するので、人によって手続き方法は変わると言えます。

但し、債務整理の内容によっては司法書士には依頼できない場合があります。

2003年の法改正により、司法書士に140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められました。
これにより、借金の金額が140万円以下の場合は、債務整理手続を弁護士だけでなく、司法書士に依頼することが可能となりました。

但し、140万円以下か否かは債権者ごとに判断するのではなく、全ての債権者の総債権額で判断されるので,借金の総額が140万円を超える場合は司法書士に交渉権はありません。
また、司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所のみに限られており、それ以外の裁判所では弁護士のみに訴訟代理権が認められているので、司法書士は訴訟代理人になることができません。

つまり、総債務額が140万円以下であれば弁護士にも司法書士にも交渉権・訴訟代理権はありますが、140万円超だと司法書士には交渉権や訴訟代理権が認められないので、そもそも依頼をすることができません。

オススメ弁護士・司法書士へ無料相談

債務整理の弁護士・司法書士の選び方に戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社