過払い金について詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

過払い金について
[過払い金とは]


「過払い金」とは、法的に支払う必要がないにも関わらず、お金を借りた人が貸金業者に支払いすぎたお金のことです。

貸金業者からお金を借り、返済期間が5年以上で、金利が20%を超える方は貸金業者に対しお金を払いすぎている可能性が非常に高いです。
今現在、貸金業者への返済が既に終わっている方でも、貸金業者から5年以上お金を借りていたのであれば、過払いの有無を確認することをおすすめ致します。

一体何故、過払い金が発生するのでしょうか?
それは貸金業者が利息制限法よりも高い金利でお金を貸していることが原因です。
利息制限法では、貸金業者がお金を貸す際の利息の上限を次のように定めています。

・元本10万円未満:年20%
・元本10万円から100万円未満:年18%
・元本100万円以上:年15%

しかし貸金業者は、利息制限法以上の利息でお金を貸しても、出資法で定められた利息年29.2%を超えなければ刑事事件として罰せられない仕組みを利用し、出資法の制限ぎりぎりの金利でお金を貸しています。

お金を借りる人は本来、利息制限法の上限金利を超えた分の利息を支払う義務はないのですが、知らない人は貸金業者に言われるままに支払わされているのです。
このような利息制限法(民事法)の上限金利と出資法(刑事法)の上限金利の間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれており、貸金業者は民事法上では徴収してはいけない金利にも関わらず、刑事法で罰せられないグレーゾーン金利を利用し、この金利内で貸出利率を設定し違法な金利を徴収しているため、法的に支払いすぎたお金「過払い金」が発生するのです。

過払い金請求に強い弁護士・司法書士へ無料相談

過払い金についてに戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社