4種類ある債務整理の方法のなかから「民事再生」について詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

債務整理の方法
[民事再生]


個人民事再生とは、住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以内の人が対象で、マイホーム等の財産を手放すことなく、最高100万円もしくは10%にまで圧縮された借金を3年以内に返済することを条件に、残りの借金の返済を免除して貰えるという債務整理の手続きです。

個人民事再生は、自己破産のように全ての借金の返済義務がなくなる訳ではありませんが、住宅等の高価な財産を残したまま債務整理ができます。

自己破産による債務整理では、破産申し立てから免責を受けるまでの資格制限により特定の資格を剥奪されるため職を失う場合も多々ありますが、民事再生による債務整理には資格制限が設けられていないので、資格制限で職を失うことはまずあり得ません。

また、住宅ローンの支払いは免除されませんが、今まで通り住宅ローンを支払い続けることができれば、マイホームを手放す必要はなく、住宅ローンの連帯保証人に請求が回ったり迷惑を掛けるといったこともありません。

個人民事再生とは、借りた額が大きすぎて任意整理では全額を返済することは困難なうえ、マイホーム等といった高額な財産は手放したくないといった場合や、自己破産すると職を失ってしまう人などに適した債務整理の手続きです。

民事再生に強い弁護士・司法書士へ無料相談

債務整理の方法に戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社