4種類ある債務整理の方法のなかから「特定調停」について詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

債務整理の方法
[特定調停]


特定調停とは、「簡易裁判所を利用して行う任意整理」のことです。

任意整理は裁判所を介さず、弁護士と貸金業者が交渉を行いますが、特定調停は簡易裁判所の調停委員が貸金業者と交渉を行ないます。

継続的な収入が見込め、特定調停で引き直した借金を3年程度で返済できる目処が立つので有れば、裁判所の力を借り債務整理することができます。
弁護士に代わって裁判所が交渉を行なうため、債務整理にかかる費用が安いのが特徴です。

特定調停は任意整理と同じように、利息制限法の上限金利を超えた分の利息を元本返済に組み入れたりと、返済金額の減額も行なってくれるので、月々に返済する金額を少なくすることができます。

但し、特定調停に対して非協力的な対応をとる貸金業者債権者もおり調停が難航したり、裁判所毎に調停の基準が異なるため、裁判所によっては任意整理でカットできる「特定調停成立までの遅延損害金」や「特定調停成立後の利息」を支払わなければならない場合があります。

更に、特定調停で貸金業者と交渉を行う調停委員は、債務整理の専門家ではないので特定調停を担当する調停委員によっては、「利息制限法の上限利息を超えた利息の引き直しを行わない調停」が成立してしまう場合もあります。

このようなことから、特定調停を債務整理の方法として選択する場合は、注意が必要です。

特定調停に強い弁護士・司法書士へ無料相談
債務整理の方法に戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社