民事再生の手続きの流れについて詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

民事再生について
[手続きの流れ]


1.個人民事再生手続きの依頼
依頼をした、その日中に貸金業者に対して受任通知を発送してくれる弁護士を選びましょう。
この通知により、以後の電話による督促などがストップされると共に、再生計画案が認可された翌月まで月々の返済もストップさせることができます。

2.利息制限法の上限金利に基づく引き直し計算
開示された取引履歴をもとに、利息制限法の上限金利(15%から20%)に基づいた引き直し計算を行ないます。

3.貸金業者に対し過払い金の返還を請求
2で行なった引き直し計算によって算出された過払い金を、各貸金業者に対し返還を請求します。

4.必要書類の収集・下書き作成
裁判所に個人民事再生を申し立てるための書類の下書き、申し立てに必要となる書類や資料の収集を行ないます。
書類の下書きの書き方や収集する資料に関しては、依頼した弁護士から教えてもらうことができます。

5.申し立て書類の作成
4で用意した書類や資料について、聞き取り調査を行ないながら裁判所に提出する申し立て書類を完成させます。

6.裁判所へ申し立て書類を提出
裁判所に対して個人民事再生の申し立て書類を提出し、事件受付を行います。
裁判所が事件を受け付けた後、個人再生委員(たいての場合は弁護士)が専任されます。

7.個人再生委員による面接
裁判所が事件を受け付けてから約2週間後に、個人再生委員の事務所等で再生委員による面接が行なわれます。
再生委員との面接で特に問題がなければ、数日後に再生手続きの開始決定がなされます。

8.積み立てトレーニング開始
再生委員面接の後、約6ヶ月間にわたり再生委員が指定する口座に、再生計画案で毎月の返済額として予定した金額を入金します。
これは、依頼者が再生計画通りに返済を遂行できるかどうか確認するための予行演習のようなものです。
依頼者が再生計画委員に支払ったお金は、再生計画認可決定後に個人再生委員の報酬を差し引いた後、依頼者に返還されます。

9.再生手続き開始決定
裁判所が事件受付を行なってから約1ヶ月後に、裁判所が個人再生委員の意見を参考にし、個人民事再生手続きの開始を決定します。

10.貸金業者による債権届け出
裁判所が個人民事再生の手続き開始を決定すると、その旨の通知が債権届出書とともに各貸金業者に送付されるので、各貸金業者はこの書式を使い各々が主張する借金の額を裁判所に提出します。

11.債権認否一覧表の提出
各貸金業者から提出された債権届出書に記載された借金の額を確認し、これらを認めるかどうかを判断した後、個人再生委員に債権認否一覧表を提出。
この時点で債権届出書が提出されない貸金業者の残債額は、申し立て書類に記載されている金額で確定されます。

12.再生計画案の提出
裁判所が事件受付を行ない、約4ヶ月半以内に、依頼者との十分な協議をもとに再生計画案を作成し裁判所に提出。

13.再生計画案の決議
裁判所は再生計画案に法的な問題が無いことを確認した上で、各貸金業者に対し再生計画案と議決書を郵送し再生計画案に賛成できるか否かの決議を行ないます。

14.再生計画案が法的要件を満たしているか確認
再生計画案に対する貸金業者の決議が取れると、裁判所は再生計画案が法的な要件を満たしているかの確認を行ないます。

15.返済開始
裁判所が再生計画認可確定を下した月の翌月から、再生計画案に記載された返済計画に則り各貸金業者に対する返済を開始します。

民事再生に強い弁護士・司法書士へ無料相談

民事再生についてに戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社