特定調停と任意整理の違いを詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

特定調停について
[任意整理との違い]


特定調停より任意整理の方が有利であると考えられる3つの理由があります。

○任意整理は、損害金のカットが可能
特定調停の場合、通常は最後の支払日から調停が成立するまでに2ヶ月程度かかり、その間の遅延損害金が返済計画の借金の総額に加算されてしまうので、大きな負担となります。
更に、貸金業者が取引履歴の開示を速やかに行なわなかった場合は、その分の時間がかかってしまうため、多額の遅延損害金を請求される可能性もあります。
一方、任意整理の場合は、原則として最後の支払日から利息・遅延損害金の一律カットによる交渉ができるので、元本のみ返済すれば良いという内容で和解を成立させることができます。

○任意整理は、強制執行されにくい
特定調停で決定した返済計画通りに返済できなかったり、返済が遅れた場合(通常2回程度までは大目に見てもらえます)、強制執行により給料等を差し押さえられる恐れがあります。
一方、任意整理による和解契約は弁護士の責任下で行なわれるので、原則として裁判をせず強制執行が可能である債務名義化がなされません。
これは、代理人となる弁護士が完済まで返済を管理していくからです。
しかしながら、返済期間が長期(4年以上)化する場合や、借入れの残高が高額な場合には公正証書の作成を求められることがあり、この場合は裁判せずに強制執行が可能となります。

○任意整理は、過払い金の回収も可能
特定調停は簡易裁判所の調停員が間に入り貸金業者との交渉を行ないます。
しかしながら、調停員では過払い金が発生していても、取り戻してもらえず、調停成立後に過払い金返還訴訟を起こすことは、裁判所が難色を示すため、極めて困難だといえます。
そのため、過払い金が発生している場合には特定調停ではなく、過払い金返還訴訟を提起することが一般的です。
これに対し任意整理の場合では、任意整理による和解交渉と並行し過払い金の返還請求を行なうので、過払い金を取り戻すことができるので、戻ってきたお金を他の債務に充てることが可能となります。

特定調停に強い弁護士・司法書士へ無料相談

特定調停についてに戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社