特定調停のメリットについて詳しくご紹介致します。債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ

特定調停について
[特定調停のメリット]


○費用が安い
弁護士に依頼せず裁判所の力を借りて債務整理を行なうので、他の債務整理では必要となる弁護士費用がかかりません。

○特定調停の申立が受け付けられると貸金業者による借金の取り立て・月々の支払いが止まる
簡易裁判所に特定調停を申し立てると、裁判所から事件番号が記載された申立書控えが発行されます。
この控えのコピーを各貸金業者に送付すれば、控えが貸金業者の手元に届いた時点で取立てが停止されるとともに、特定調停の交渉が完了するまで、貸金業者に対する月々の支払いもストップされます。

○借金の支払総額を減らす
貸金業者に対しこれまで支払ってきた利息制限法の上限金利を上回る分の利息を、既に返済したお金として計算し直すことで借金の残高を圧縮し、最終的な支払総額を大幅に減らすことができます。

○借金を整理したことが周囲の人間に知られにくい
特定調停は自己破産や民事再生のように借金を整理したことが官報に掲載されることがないので、借金を整理したことを周囲の人間に知られることは、まずあり得ません。

○借金の理由が問われない
特定調停には免責不許可事由が設定されていないので、借金を作った理由は一切問われることがありません。

○特定調停で職を失わなうことはない
特定調停による債務整理には資格制限が設けられていないので、資格制限で職を失うことはありません。

○保証人に迷惑が掛からない
特定調停は債務整理の対象とする借金を選べるので、友人・家族・知人が連帯保証人になっている借金を債務整理の対象から外せば、保証人に迷惑を掛けることなく借金を整理することができます。

特定調停に強い弁護士・司法書士へ無料相談

特定調停についてに戻る
Home

お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
債務整理・過払い金請求の無料相談ナビ
All Rights Reserved.


実際に使っているFX会社